Category [『わたしを離さないで』 ] è¨˜äº‹ä¸€è¦§

NEVER LET ME GO ⅹ

思い出し思い返し懐かしむ不確かな記憶だけれど…“八尋”と“もとむ”は“マダム”の屋敷に来ていた。二人の愛を、作品で表現することで猶予を得るため。そこには“マダム”のほか“冬子先生”がいた。彼女は、真実を話さなければならなかった。『ヘールシャム』の存在の意義を。「あのとき私が見ていたのは……新しい世界がやってくる中、古い世界を必死に抱えている少女の姿です。胸が張り裂けそうでした……。」そして、自分達が成そうとして...

NEVER LET ME GO ⅸ

思い出し思い返し懐かしむ不確かな記憶だけれど…何年かの時間が過ぎ、3人は再会することになった。“もとむ”と“鈴”は提供者となり意外なことに“鈴”の介護人は“八尋”だった。“鈴”は、一度の提供で車椅子の生活、対照的に二度提供した“もとむ”は、まだ元気な方だった。3人が再会した場所は、沼地のような海辺で、漁船が座礁している。なんとなく“鈴”心のようだ。使えそうで使えない船、纏わり着くような足元。懐かしいあのチラシに...

NEVER LET ME GO ⅷ

思い出し思い返し懐かしむ不確かな記憶だけれど…『農園』のあの部屋に、聞き覚えのある曲が流れる。♪Baby,baby,never let me go♪“たつや”が、いなくなり“鈴”たちの心にも、迫り来る運命恐怖が…しかし“もとむ”は、猶予の方法は作品を作ることだと信じ、絵を描き続けていた。それは“八尋”を思う“もとむ”気持ちだろう。“鈴”とっては、許されぬ行動だった。そしてその矛先は“八尋”に向けられる。“八尋”は自分の気持ちに正直になること...

NEVER LET ME GO ⅶ

思い出し思い返し懐かしむ不確かな記憶だけれど…“八尋”たちは、takaramisakiに来ていた。そこは、磯でもなく砂浜でもなく、岸壁のような大きな防波堤があるところだった。彼らの行く末を暗示するが如く、打ち寄せる波は荒く、飛沫を上げていた。残念なことに“鈴”のオリジナルではなっかた。『ヘールシャム』の特権を話す条件は成立しなかったが、“鈴”は話し出した。「そんな噂は聞いたことがないと」もろくも崩れ去った自らの夢に...

NEVER LET ME GO ⅵ

思い出し思い返し懐かしむ不確かな記憶だけれど…成人し『ヘールシャム』を出た、“八尋”たちは、『農園』にいた。なんとなく不思議な空間だった。葦というか、薄というか、小竹みたいなものがたくさん生えたところにテレビやソファー、だるまストーブまであった。さらに、ストーブの上に置かれたポットには水さえ入っていた。『農園』にいる仲間は、『ヘールシャム』出身者ではないようだ。しかし、彼らもクローンであるのだろう。...

NEVER LET ME GO ⅴ

思い出し思い返し懐かしむ不確かな記憶だけれど…やがて3年の月日が流れた。“八尋”立ちも17歳になっていた・第二視聴覚室で“鳴海先生”に呼び出された“八尋”と“鈴”ところで、視聴覚室とは名ばかりで、物置のような部屋だった。椅子や机が無造作に積み上げられ、使われなくなったであろう教材や忘れられた映写機なども置いてあった。まるで“鳴海先生”の心の中のようだ。不都合なこと、理不尽なこと、係わりたくないこと、そんなもの...

NEVER LET ME GO ⅳ

思い出し思い返し懐かしむ不確かな記憶だけれど…『ヘールシャム』の女子寮は布地のパーテーションで区切られていた。“八尋”はベッドの下に、“もとむ”は布団をかぶって隠れた。そこのに現れたのは“マダム”だった。ラジカセから曲が流れる。♪Baby,baby,never let me go♪生徒達の作品を見る“マダム”はどことなく寂しそうだ。さらに“冬子先生”も入ってきた。“マダム”より“冬子先生”の方が立場が上なのか?二人が立ち去った後、“八尋”と...

NEVER LET ME GO ⅲ

思い出し思い返し懐かしむ不確かな記憶だけれど…その騒ぎの中、主任保護官の“冬子先生”と体育教師・保護官の“鳴海先生”が、入ってきた。“冬子先生”は生徒に訴える。「つまり、世界各地であなた方の様な子供たちが、私達のような保護官が、同じ努力を続けているんです。特別であるための……特別であり続けるための努力を……」しかし、“鳴海先生”とは考え方が、方向性が違うようだ。チャイムが鳴り、生徒達は体育館へ向かった。“もとむ...

NEVER LET ME GO ⅱ

思い出し思い返し懐かしむ不確かな記憶だけれど…ここは『ヘールシャム』のグラウンドだろうか。男子達が、サッカーに興じている。彼らはストップモーションで近付いてくる。それは“八尋”意識が、ゆっくりと14歳に流れ着くかのごとく。女子達がおしゃべりしている。そしてそこには、14歳の“八尋”がいた。彼女達のいる校舎には、大きな窓がいくつもあり、中がよく見通せる。そして、爽やかな風が吹き抜けていった。“鈴”はリーダー的...

NEVER LET ME GO ⅰ

思い出し思い返し懐かしむ不確かな記憶だけれど…開演ともに、暗闇から、1機ラジコンヘリが飛来する。このヘリは、何を意味するのかわからないが、街を俯瞰するイメージが浮かぶ。ミニチュアの街並みを覗いているようだ。そしてこの街のどこかに、臓器提供者となる、クローンが作り出される。やがて、介護人の“八尋”が提供者の“ケン”をストレッチャーに乗せて現れる。“ケン”車のエンジン音だけでその車が『SOARER』だとわかる。そ...

左サイドMenu

プロフィール

14

Author:14
年 齢:完全な中年オヤジ
病 状:タベワズライ(慢性)
病 歴:67ヶ月
趣 味:妄想

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
日 月 火 水 木 金 土
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

右サイドメニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1441位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
409位
アクセスランキングを見る>>